記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海岸で枝を拾って600万になる 深海松

昨日、海岸で糞を拾って1000万円になる

リュウゼンコウ

という、クジラの糞のことを書きましたが


本日は、


海岸で枝を拾って600万になる




深海松!!!





海岸って宝の山だな!!

海岸歩いてるだけで・・・リュウゼンコウ&深海松のダブルゲット!!!

一発で1600万円稼げるなんて夢じゃない!!



7defd58c-s.jpg


深海松とは・・・

2012年08月29日放送なんでも鑑定団から引用

深海松とは珊瑚の一種海松の仲間で、特に深海に生息することからそう呼ばれる。しかし極めて珍しく学術的な研究はほとんどなされていない。底引き網漁が盛んな日本海北部から北海道にかけて極稀に取れることはあるが、そのほとんどは枝や欠片である。その名の通りに色は木の枝そっくりだが、これを磨くと玉虫色に光る。またこれを水に濡らすとさらに輝きを増す。まるで魚の鱗のように煌く為、一部の釣り人はルアーとして用いることもある。数珠やかんざしなど装飾品としても用いられてきたが、近年では宝石としても認定されレインボーコーラル(虹彩珊瑚・Rainbow Coral)の名で高い人気を集めている。

過去にこのように放送されていました。



つまり・・・

深海に生息していた、サンゴが

深海松(ふかみる)ってことね

摩訶不思議で実態は確かではなく

宝石やルアーなんかに使われていてマニアにはたまらない物で

写真のものは石川県能登半島沖深海650mから採取されたみたい

枝や欠片なんかも取引されていて、海岸沿いあったりするらしい

つまり・・・

どこにでも、落ちてる可能性あり!!!

拾いに行くしかねぇ~!!!

soldiers-1002_640.jpg


探し方

用意するもの

・ワイヤーブラシ

・タオル

・時間

・運!!



以上!






見つけ方

1.ぼけぇ~~~と海岸を歩く

2.茶色いっぽい枝を発見!

3.ワイヤーブラシを取出し

4.深海松的な奴を優しくゴシゴシ

5.仕上げにタオルでフキフキ

6.玉虫色に光れば

7.業者にだして鑑定

8.本物であれば・・・・・





600万円!

楽勝です

では、海岸でお待ちしています

また、会いましょう!!

って、雪ふってんじゃねーか!!







コメント

コメントの投稿

非公開コメント

お願いします!ポチッとください

ポチッと ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

どうでもいい自己紹介

ポパイ

Author:ポパイ
30歳の中年世代の気になる情報・独り言をつらつら書きます

知り合いにはブログを書いている事は基本内緒にしています
嫁に内緒で小遣い稼ぎ中です
全然上手くいっていませんが・・・

現在薬関係仕事に務め
1986年生まれ
O型

毎日、コツコツ更新していくのが目標

30歳になっても
元気にやっていくぞ!!

広告

楽天

誰でも歓迎です

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。